イーモバイルとワイマックスの違い

イーモバイルとワイマックスの違いは、通信エリアの数についてイーモバイルのほうが範囲が広く、LTEがつながりにくい地域においては3G回線を利用して通信することになります。
首都圏全域においてはLTEのエリアと言うことができ、日本全国でみるとLTEと3Gのエリアが半分ずつ程度と言うことができ、LTEと3Gの両方を含めると主要都市の通信エリアのカバー率は99%で、全国においても通信エリアの95%をカバーしています。
ワイマックスのほうは主要都市の通信エリアのカバー率が99%で、全国においては94%となっています。
イーモバイルLTEは電波の特徴として屋内においての繋がりやすさが高く、ワイマックスは屋内ではややつながりにくい特徴があり、両者の違いがあります。
イーモバイルは最低限の利用年数が2年間ですので、2年間続けて使用する予定を持っている方や、ルーターの場所を気にせずにインターネットを利用したい方、メールのチェックなどの簡易な機能が中心で、インターネットの利用時間が長くない人におすすめできます。ワイマックスはyoutubeなどの動画を見たい方、インターネットを利用する時間が1日につき2時間以上の方、最低限の利用年数が1年ですので1年ごとに利用するサービスを変更したい方、通信の制限を気にせずに自由にインターネットを利用したい方に向いているという違いがあります。

Comments are closed.